私を承認する資格

「他人を受け入れ理解し愛を与える」
その努力は私の生きる意味だった。

私に受け入れられ理解され愛されていると他人が実感することこそが、私のプライドを満たした。
しかし、前の日記にも書いたように、それは価値付けされる側からする側になるための策略であり、善意というより自己防衛の方法でしかない。
つまり、相手は私を「承認するに値しない人間」であり、私は相手を「承認するに値する人間」であるという優位性の確認でもある。

しかしこうした関係は必ず破綻する。
私は相手に自分の弱さを投影し、自分のように相手を愛する。自分がかつてそうされたかったように、受け入れ、理解する努力をする。それと同時に、相手に自分と同じ苦しみを与えたくなる。それは、全人類にとって私が無価値であるように、その人も無価値であることを思い知らせたいという、その人にとって重要で大切なものが台無しになってほしいという裏切りの願望だ。

私はいつも大好きで大切なはずの人の挫折と破滅を願っている。
そんな自分に普段は気づかないようにしている。
しかし他人との関係が深くなればなるほどその願望と戦わなくてはいけなくなる。
相手の成功と幸せを願う自分でありたいという意識と、相手の挫折と破滅を願う衝動が葛藤する。

そのことに気づいたのはつい最近のことだ。

私は人間好きで、どんな人でも愛せると思ってきた。他人にひどいことをされて憎むこともしない。その上自分も肯定できる。それだけ見れば健全な自尊心を持っているように見える。
しかし世界に対し、根源的な恨みを抱えている。
攻撃性を秘めている。
それに直面したとき、私は自分の何が病んでいるのか、少しわかった。

そもそもなぜ他人は私を「承認するに値しない」のか。
もし私を「承認するに値する人間」がいるとすれば、それはどんな人間なのか。
私は一体、何を理解されたいのか。
抑圧してきた「本当の私」はどんな姿なのか。
その問題に直面しないことには、健全な自尊心を持つことはできないだろう。
私は自己防衛機能を解除し、承認欲求のスイッチをオンにする。
誰かに理解され認められたい本当の私を、意識の上に目覚めさせる。
しかしそれはとても勇気の必要なことだ。