消費社会過剰適合者

前回ブログを更新してから何日間か、もやもやした違和感と不安があった。
その原因は

「私には健全な自尊心が必要なのか」
「私は本当の愛を求めているのか」

という疑問とともに沸いてきた。
自分の心に問えば問うほど、欲しいという実感がない。そもそも、「健全な自尊心」も「本当の愛」も、まるでイメージできない。わからないものを欲しいと思う気持ちもわからないのだ。

私は他人に愛され助けられたこともあるし、苦しめられたこともある。
同じように私は誰かを愛することで助けたり苦しめたりしただろう。
私は「誰にも大切にされなかった」と言う資格はない。人間嫌いだと宣言できる自信もない。

しかし、私が与えられたり与えてきた愛は、大して美しくもないし尊くもない、という感覚には少しだけ自信が持てる。
おそらく私は他人に消費されている実感しかないし、消費される以外の愛され方がピンと来ないので、他人を消費する以外の愛し方を知らない。
少なくともそれは「健全な自尊心」や「本当の愛」からは遠いものだろう。

私は自分自身の存在を、使い捨てられるものとしか思えない。
そんな私が実感できる救いは、消費されてきた分だけ消費することだ。

人間は貪り尽くすものだと思っている。
人を好きになることは、人を貪り尽くし使い果たすことと同じように感じる。
前回の日記に書いたように、承認されることを拒絶し他人の承認欲求を満たし、「価値付けられる」側から「価値付ける」側に立とうとするのも、消費する側であることを実感するためだろう。
私はときどき愛することと恨むことの区別がつかなくなるのだが、それはこのような感覚が原因だろう。
私にとって、愛することはそれ自体、加虐だという自覚があるのだ。

それは逆に、私が愛される=消費されることを被虐だと感じているということでもある。
そのことを私は恨んでいる。
つまり、自分が受けた暴力を他人に与えて満足している。

アンウィルソンシェフは『嗜癖する社会』の中で、「見えるものを見ること、知っていることを知ること」の重要性について書いていた。
私が考えるべきなのは見えないし知らない「健全な自尊心」や「本当の愛」についてではなく、消費され消費することしか愛の在り方がわからない、という現実についてである。

そのことに気づいたとき、私は少しだけ襲ってくる無力感から解放され、楽になった。