新たなパートナー

新たなパートナーができた。
恋人という表現も、彼氏という表現も、パートナーというのも正直しっくりこない。
お付き合いすることをただ目出度いと喜ぶのには違和感を覚える。

世間的な恋愛の観念にとらわれて自分を見失うことなく、私が彼を特別な存在として必要としているという確かな実感をいつも忘れずに捉えていこうと思う。

彼とは共感し合うために無理をすることなく、違うところが違うまま程良い距離感で共生したい。
変な恋愛ごっこをして口先の愛を語り合うような真似は絶対にしない。
当然、結婚はしないし子供は作らない。
そんなことよりも私たちには大事なことがある。

私たちはこれまでもひとつの同じ感性、ひとつの美学を共有してきた。
大事なことはそれだけで、あとはどうでもいい。

これからはさらに、お互いの目的に確証を持てる。
そういう関係になるだろう。


決意表明は以上。