恋愛ってなんだろう

ヒモに金を払うだけの価値を見出だせなくなって追い出したのが7月。

9月に再び彼が家に来てまた同棲したいという雰囲気を出してきて、お互いに話し合いをした。
私は「あなたが一緒に暮らすことを要求するならこちらの条件も飲んでもらわないと困る」「今のあなたには金を払うだけの価値を見出だせない」ということを伝えた。
彼には「要求なんかしてない。うぬぼれるな。」「理屈っぽいことは今はどうでもいい。あなたが俺と一緒にいたいとおもうのか。話はそれからだ。」と言われた。
「本当に一緒にいたくないなら話し合いをわざわざしない」と言ったら、「はっきりしろ。一緒にいたいのかいたくないのかどうなんだ。」と詰められたので「一緒にいたいよ。」と答えたら付き合うことになった。
そのときは嬉しかった。

「俺は人を好きになるとかよくわからないけれど、あなたとは一緒にいたいと思った。これから恋愛を学んでいくから付き合いたい。」
というようなことを言われて、本当に嬉しかった
。でもそれは一種の所有欲を満たすために私が必死だっただけなのかもしれない。

お金の関係から恋人関係になったことで、「この人は私のことを好きじゃないのに、私がお願いして一緒にいてもらっている」という申し訳ない気持ちや感謝の気持ちは減退した。
今の彼は私のためにサービスを与え労働意欲を向上させてくれるとは思えなくなったので、金を出して得たいような価値は見出だせない。

でもヒモは相変わらず私のことは好きじゃないし、何より歩み寄って理解する気もない。そういうところも個人的に好きなので構わないのだが、それが私にとって恋愛といえるのかというとやはり今までとは違う。そうなるとお互いの結節点がよくわからなくなって関係が不安定に思える。
彼は私のことを「すべてを受け入れてくれる理解者」「自分のすべてを愛していて夢中になっている女」というように認識しているし、そうなることを期待している。理解者だと思ってくれるのは嬉しい。でもそこまで私に愛されているという信頼を寄せられることが私は正直重く感じる。

私が彼に見出だす価値はやはりプレイメイトとしての素質、サディストの才能。あとは旅人としての好奇心。彼が何を求めて日本を旅立ち、世界を見て何を感じとるのか気になっている。そして同じひとつの美学を生きているということだ。
しかし、互いに興味を持って歩み寄る姿勢を持てなかったり、会話を通じてお互いに理解するということができないのは、私にとっては虚しさがある。
やっぱりそれがないと、恋愛というのは少し違和感がある。

でもそもそも恋愛にそういうものを求めることが間違っているのかもしれない。
私は誰かとすべてを理解しあいたいという願望を抱えてきた。それは一般的な恋愛というかたちでなくてもかまわなかったのだけれど、私はその願望を自分のなかで「恋愛」と呼んできた。

彼は完全な性的対称、客体としての「異性」という感じがある。彼は頭は悪いけど外見は美しくて愛嬌もあって本当に魅惑的な男の子だ。でも「理解者」にはなれない。
まず「理解者」に「異性」としての要素を求めるのがそもそもの矛盾なのかもしれない。
「知っていると想定される他者」はもういない。